偽蜂蜜の見分け方2

以前に偽はちみつの見分けたについて書いたことがありました。

結果的には、皆さん期待に応えられるような内容ではなかったと、ずーと気になっていました。

しかしあれから色々と思案したのですが、「これでわかる」みたいな方法が思いつきませんでした。

そもそも偽を作る方が買う側より、多くの情報を持っているわけですから、常に前を行っているわけです。

1 透明度

本物の蜂蜜は透明度が低いと言われますが、決してそのような事はありません。

逆に純度の高い蜂蜜ならば、透き通る蜂蜜になり、色も青白いぽっい色になります。

透明度は決め手になりません。

2 泡

はちみつをひっくり返したりすると細かな泡が立つことはありません。

逆に泡が立つ蜂蜜は糖度が低く、発酵してしまいますので、我々養蜂家から見ると不良品です。そういった商品を販売する業者は信用できないでしょう。

3 結晶

昔から固形化する蜂蜜は「本物」という話はよくある話ですが、固形化しない蜂蜜もありますので決め手になりません

 

偽蜂蜜の見分け方

本物と偽物の蜂蜜の見分け方を教えてくださいと言われることがおおいのですが、、、

一般的に見た目や少し食べただけでは見分けるということはできないとおもいます。

固形化する(偽は固形化しない)と本物と言いますが、混ぜものも固形化する場合もあります。

アカシアは固形化しにくいので、途中(1年では固形化しない場合が多い)を見ていれば「固形化しない」となります。

冷凍庫に長時間入れておくと固形化するのは本物という話もありますが、多分本物でもずーとそのままです。

一番確実なのは舌ということになるかもしれません。

毎日、生はちみつを食べていると味覚が鋭くなります。

そして、今まで平気で食べれていたものが、甘すぎて食べれなくなります。

その辺まで行くと、一口で本物か、偽物かがわかるようになります。

残念ながら見た目だけでは「わからない」ということです。