最初の頃は私もはちみつの美容効果については半信半疑で「嘘だ〜」と思っていたのです。

それでも、身内の者が「蜂蜜を肌に塗るといいよ、お客さんに薦めたら?」というので

2009年頃から、はちみつパックはいいよとお客さんに薦めてきました。

その中にアトピーのお客さんが数名いて「はちみつを塗ったら良くなって来た」という話をしてくれました。

一人だけなら「??」で済むのですが、何人かに言われると、流石に私も確信を持つようになりました。

アトピーは色々あり、一概に言えないけれど、身体の内と外の2つに分ければいいのでは?と考えたのです。

つまり身体の内側、どんな食べ物を食べて、どのような経緯をたどってアレルギーになるかはわからないけど、外側の部分は「かゆみ」等の刺激で掻いて悪循環になっているのだから「かゆみ」等の刺激を抑えることが出来れば治るのでは? と思ったのです。

それは蜂蜜を塗ると「かゆみがとまる」という声を聞いたからです。

それと掻いて、皮膚が酷い状態(悪玉菌の黄色ぶどう球菌等が沢山)になり、ジュクジュクしていても、蜂蜜の場合は体液で糖度が下がり、酵素が働きだして、過酸化水素が発生して、炎症部分を消毒してくれるし、そこまで行っていなくてもかき傷に蜂蜜が密着して傷を癒してくれるし保湿の役目の果すと思ったのです。

少なくても細菌症は防げる

また、多少のピリピリ感があれば、それでかゆみが治まると踏んだのです。

だってやけどが治る位だから、多少の傷は問題なしと考えました。

実験してみたいと思ったが、身内にアトピーもいないし、あまり突っ込んでやると医療行為に近くなるし、震災も来たりしてそのまま・・・。

震災の前後だったと思いますが、2ちゃんにも書き込みしたんですよね。「蜂蜜塗れば治るのに・・・ちゃんとしたやつね」と、薄場皮膚科のスレタイだったと思うけど。

蜂蜜だけで「かゆみ」が治まらない、我慢できない場合は、クエン酸を少し加えてピリピリ感をだすとか、ステロイド剤と混ぜて塗るとかすれば、薬剤は少なく済む。

はちみつは保湿の役目と皮膚再生の役目が安全にできること、色々組み合わせが出来る事がメリットです。

今、ネットで検索するとアトピーが蜂蜜で治ったというのも出て来ますから、あながち間違っていなかったと思っている所です。

困っている人は藁をもすがりたい気持ちでしょうから、何かの参考になれば幸いです。

はちみつは「生」が良いと思います。今は沢山ありますから、ここは!と思うところで購入してくださいね。

マヌカハニーじゃなくてもいいですよ。 偽物も多いし他の生はちみつでも十分です。

追加

肌がジュクジュクまでいっていない場合は、少し水を加えて糖度を下げてくださいね。

そうすれば過酸化水素が出て来ます。目安は蜂蜜100gに対して水10〜20g位で。

状態に合わせて調整してね。50g以上は薄めすぎです。

 

妊娠中なのですが、蜂蜜を食べても大丈夫でしょうか?と聞かれる事があります。

「一歳未満の乳児には蜂蜜を与えないでください」は良く言われている事ですが、お子さんがお母さんのお腹にいる場合は全く問題ありません。

妊娠中はお母さんのビタミン・ミネラルが不足しがちです。

生はちみつの活性されたビタミン・ミネラルが役に立ちますし取り過ぎる心配もありません。

妊娠中に必要な葉酸も含まれています。

どうぞ、安心してお召し上がりください。

 

 

子供が転んで膝などに傷を負った場合は生はちみつをつかってみましょう。

生はちみつをそのままたっぷりと傷口に塗り、ガーゼにも染み込ませてから、傷にあてがって包帯してください。

市販の薬よりも早く、傷口も綺麗に治ります。

特にジュクジュクした傷の場合は、生はちみつから過酸化水素が発生して、傷口を消毒して細菌やバクテリアによる感染症を予防してくれます。

前回の潰瘍でも書きましたが、生はちみつに含まれる亜鉛が組織再生を促しビタミンKが出血を止めてくれます。

消毒しながら組織を再生する・・・生はちみつはすごいですね。

酷いやけどにも効果があります。

軽い場合は軟膏でも十分ですが、ジュクジュクするようなやけどの場合に力を発揮します。

体液(リンパ液)の排出を促し、傷口を消毒します。

先日、身内の者がやけどをしたので、生はちみつを活用しました。

塗って直ぐに痒い〜と言っていましたが、数日で綺麗に治りました。

傷口にガーゼがくっつかないのがいいみたいです。

 

生きているはちみつの購入はこちら

 

 

 

胃炎や十二指腸潰瘍で体調が悪い・・・そのような方にも生はちみつをお勧めしたいですね。

生はちみつには粘膜を再生する亜鉛や胃の血行をよくするアセチルコリンなどが含まれています。

用い方としては、寝る前の空腹時にスプーンで2杯程度(症状により加減して下さい)をそのまま口にするだけです。

少しすると、はちみつが胃に下がってきますので、気になる部分にはちみつを塗りつけるように横になって下さい。

例えば十二指腸の場合は右側になるので、上、うつ伏せ、右(各30秒程度)となり、荒れている部分に生はちみつが届くようにしてください。

そして最終的に右を下にしてお布団でおやすみ下さい。

左側が気になる場合は左を下にしておやすみください。

注意点ははちみつを口にした以降は食べない、飲まないこと。

胃が空っぽであれば何時でも問題ありません。荒れている場合は沁みる感じがあります。

自衛隊の方でしたが飲みすぎで胃の調子が悪いだ〜というので勧めたら調子が良くなったと喜んでいました。

昔は潰瘍で亡くなる方もいましたし、胃を全摘ということもありました。

今は良いお薬もできて、そういう事もなくなりましたが、昔は生はちみつで改善したという人もいたのです。

食べ過ぎ、飲み過ぎで胃が荒れてすぐれない場合はお試しください。

 

 

 

 

ストレスでついつい菓子を摘み食い、、、そんな経験誰にでもあるとおもいます。

私も冬季間は身体を動かす事が少ない上に事務仕事(嫌いですw)が増えるので、ストレスでついつい差し入れの菓子に手が伸びます。

少し体重が・・・。

そこでダイエットですね

蜂蜜は砂糖に比べると3割程強く甘さを感じますので、使用量が少なく済みます。

その上に砂糖に比べるとカロリーが25%少ないのです。

また、蜂蜜に含まれる果糖は脂肪に変化しにくいのです。

ダイエットには摂取カロリーを減らす事が一番大事なことなのですが、血行を改善することも忘れてはなりません。

血行が悪いと脂肪を燃やすことができないのです。

特に部分痩せの場合は血行が悪いことが多く簡単ではありません。

部分痩せを望む場合は優しくマッサージしてあげましょう。(強くマッサージすると弱効果になります)

また、生はちみつにはビタミンEが含まれており血行を改善してくれます。

また、蜂蜜にはブドウ糖も含まれています。

事務仕事で脳を使い何かを食べたいと思うのは、脳がブドウ糖を欲してる時でもあります。

直ぐに身体に吸収される生はちみつを口にすれば、脳はブドウ糖を手に入れ満足し余計な菓子を口にしなくて済みます。

健康的にダイエットしたいですね

 

※◯◯ダイエット等と偏った食生活を強いるような事例を見かけますが、個人的には疑問におもいます。

ボクシング等のある特別な目的を持って、短期間にダイエットしなければならないというなら、効率的なダイエット法かもしれません。

しかし、一般的にそこまで特別な目的を持つダイエットを行う必要もなく、健康をないがしろにしてのダイエットは本末転倒だと思います。

時間は少し掛かりますが健康的にスリムになっていく、のが私は良い方法だとおもいます。

 

差し入れの菓子を食べなきゃいいですけど、わざわざ気を使って買ってきてくれたのでたべますよね。感謝です。

 

 

 

 

生はちみつには葉酸と呼ばれる成分が含まれています。葉酸はビタミンB9とも呼ばれヘモグロビン形成やうつ、不安、ストレス防止、タンパク質の代謝に関係しています。

葉酸が不足するとDNA合成に支障をきたします。そのため妊娠中は必要なビタミンということで母子手帳にも記載があります。

普通に食事を摂っていれば、不足する栄養素ではなのですが、妊娠や授乳時には身体の要求量が増えますので、育児期間などは少し気に掛けて摂って欲しいと思います。

時々、妊娠中に「蜂蜜を食べても子供に大丈夫でしょうか?」のご質問をいただきますが、生はちみつには、微量ですが相当量の栄養素が全て入っていますから、積極的に食べて欲しいものです。

 

 

 

女性に多い貧血

鉄欠乏性貧血の場合は鉄分の補充だけでは改善されません。

身体の各細胞に酸素を届ける役目を担っていますが、血液の中にあるヘモグロビン。

ヘモグロビンはヘムとグロビンが結合したものですが、ヘムとグロビンを合成させるためには、葉酸、鉄、銅という成分が必要になります。

うれしいことに生はちみつにはこの3つの成分が含まれています。

個別に見ると鉄はヘモグロビンの形成に、銅は白血球系の造血作用、葉酸はヘモグロビン形成とタンパク質の代謝に使われます。

毎日、生はちみつを食べて健康、貧血予防しましょう。

※一度に大量に食べるよりは、少量でも毎日食べる方が有用的です。

 

 

 

 

今年はスギ花粉が例年になく多いようですね。

流石に私も外に出るとムズムズ感がでてきますね。でも、マスクはしませんが。

我が家は生蜂蜜を食べているせいなのか、今まで誰も花粉症の人はいなかったのですが、今年は一人でました。

四六時中ズルズル状態で気の毒になります。

なぜ、急に?というので「怪我があったから抗生物質を飲んだよね?」と言ったら、「そうか」と納得。

抗生物質を飲むと、腸内細菌のバランスが崩れてしまうので、それで花粉症になったのでしょう。

お尻からでる空気wも匂いが・・・。

ヨーグルトに生はちみつを入れて食べさせたら、いくら改善したようですが、まだ完全復活までは至っていないようです。

一度、腸内環境が崩れると戻るに時間がかかるんですよね。

怪我、病気の時は抗生物質も仕方がないですよね。

でも、飲み終わった後は、腸内バランスを意識して、最初は少し多めに乳酸菌入りの食事をとりましょう。

水溶性、不溶性食物繊維も一緒にとりましょう。割合は1対2が理想のようですが、あまり気にせずとりましょう。

生はちみつも忘れずにお使いください。がっちり、乳酸菌のサポートをしてくれます。

生はちみつで健康を手に入れましょう

骨粗しょう症は女性に多いと聞きます。

閉経でホルモンのバランスが崩れることで骨量が減り進みやすくなるためだそうです。

そこで骨がへるからカルシュウムを取りましょうということになるのですが過分にカルシュウムを取りすぎると動脈硬化が気になりますので、カルシュウムを取る時はビタミンKも一緒に取る事が大事なのです。

ビタミンKは骨の形成に必要な成分でカルシュウムの吸収を促してくれます。

さらに日頃、生はちみつを取り入れていればプラス効果が期待できます。

生はちみつを食べることで腸内の乳酸菌が増えて、腸内環境が良くなることは以前に記載しました。

また、腸内の乳酸菌にはビタミンKを作り出す菌もいて、腸の調子が良くなる事で、ビタミンKを沢山作ってくれます。

特に腸内で作られたビタミンKは、野菜から得るビタミンKと少し違い、特に骨の形成時に優先的に、そして効果的に使われますのでとても重要です。

腸内環境を整えることは、健康や美容を考える上でも外せないポイントですね

腸内に外から乳酸菌を取り入れる事もお薦めですが、腸内の環境を乳酸菌が喜ぶ環境にすることは、もっと重要です。

腸内活性=生はちみつ

身体に取り入れるときはヨーグルトと一緒に生はちみつをとりたいですね

 

※生はちみつには極微量の活性型ビタミンKが含まれています

 

 

 

生はちみつは便秘や下痢等のお腹の調子が悪い時にも役立ちます。

生はちみつに含まれるグルコン酸で腸環境が改善され、オリゴ糖が善玉菌のエサとなり、腸の活動が促されます。

その時に腸粘膜も強化されるため、便秘等を予防することにもつながります。

また、発ガン物質であるインドールやスカトールの発生や停滞を抑えてくれますし、

腸内の善玉大腸菌が増えれば酪酸が多く作られ、腸粘膜を強くしてくれます。

結果的に腸を健康に保つことは、結果的に若さやハツラツにつながります。

時々は自分の腸年齢は何歳だろう?と気にかけてあげてくださいね。

腸は免疫機能にも関係するので日頃から健康な状態にしたいですね

腸が若い人は見た目も若い!と言えるのかもしれません