最初の頃は私もはちみつの美容効果については半信半疑で「嘘だ〜」と思っていたのです。

それでも、身内の者が「蜂蜜を肌に塗るといいよ、お客さんに薦めたら?」というので

2009年頃から、はちみつパックはいいよとお客さんに薦めてきました。

その中にアトピーのお客さんが数名いて「はちみつを塗ったら良くなって来た」という話をしてくれました。

一人だけなら「??」で済むのですが、何人かに言われると、流石に私も確信を持つようになりました。

アトピーは色々あり、一概に言えないけれど、身体の内と外の2つに分ければいいのでは?と考えたのです。

つまり身体の内側、どんな食べ物を食べて、どのような経緯をたどってアレルギーになるかはわからないけど、外側の部分は「かゆみ」等の刺激で掻いて悪循環になっているのだから「かゆみ」等の刺激を抑えることが出来れば治るのでは? と思ったのです。

それは蜂蜜を塗ると「かゆみがとまる」という声を聞いたからです。

それと掻いて、皮膚が酷い状態(悪玉菌の黄色ぶどう球菌等が沢山)になり、ジュクジュクしていても、蜂蜜の場合は体液で糖度が下がり、酵素が働きだして、過酸化水素が発生して、炎症部分を消毒してくれるし、そこまで行っていなくてもかき傷に蜂蜜が密着して傷を癒してくれるし保湿の役目の果すと思ったのです。

少なくても細菌症は防げる

また、多少のピリピリ感があれば、それでかゆみが治まると踏んだのです。

だってやけどが治る位だから、多少の傷は問題なしと考えました。

実験してみたいと思ったが、身内にアトピーもいないし、あまり突っ込んでやると医療行為に近くなるし、震災も来たりしてそのまま・・・。

震災の前後だったと思いますが、2ちゃんにも書き込みしたんですよね。「蜂蜜塗れば治るのに・・・ちゃんとしたやつね」と、薄場皮膚科のスレタイだったと思うけど。

蜂蜜だけで「かゆみ」が治まらない、我慢できない場合は、クエン酸を少し加えてピリピリ感をだすとか、ステロイド剤と混ぜて塗るとかすれば、薬剤は少なく済む。

はちみつは保湿の役目と皮膚再生の役目が安全にできること、色々組み合わせが出来る事がメリットです。

今、ネットで検索するとアトピーが蜂蜜で治ったというのも出て来ますから、あながち間違っていなかったと思っている所です。

困っている人は藁をもすがりたい気持ちでしょうから、何かの参考になれば幸いです。

はちみつは「生」が良いと思います。今は沢山ありますから、ここは!と思うところで購入してくださいね。

マヌカハニーじゃなくてもいいですよ。 偽物も多いし他の生はちみつでも十分です。

追加

肌がジュクジュクまでいっていない場合は、少し水を加えて糖度を下げてくださいね。

そうすれば過酸化水素が出て来ます。目安は蜂蜜100gに対して水10〜20g位で。

状態に合わせて調整してね。50g以上は薄めすぎです。

 

乾燥肌の注意信号として「かゆみ」があります。

肌がカサカサしてくる手前です。

かゆみを我慢するのは大変です。ついついポリポリと掻きたくなりますし、掻くと余計にかゆみが増します。

強い刺激に至ると表皮がボロボロと剥がれて、当然肌の抵抗力が下がりますので、どんどんと肌の状態が悪くなります。

黄色ブドウ球菌をはじめとした悪玉菌が増え、炎症を助長し始めます。肌もアルカリ性になってきますのでますます悪玉菌が増えやすい環境になります。

吹き出物やニキビがではじめると肌トラブルの連鎖が続く可能性がありますので、早めに対策をとりましょう。

そんな時にもはちみつパックが活躍します。

はちみつが悪玉菌を退治して善玉菌を増やしてくれます。

是非はちみつパックは入浴中に行ってくださいね。

はちみつがタレても大丈夫という理由もありますが、実は別な理由もあります。

一般的にはちみつには殺菌作用があると言われますが、通常の状態のはちみつに菌が混入しても殺菌されるわけではありません。

どっちかというと封じ込められているという表現が正しい。

ところが水分が入り、糖度が下がると殺菌作用が出てきます。

はちみつの中にいる酵素が活動し始め、糖を分解して過酸化水素がでてきます。

これがニキビ菌をはじめとする悪玉菌を殺菌、退治して、肌を酸性に戻してくれます。

善玉菌は大喜び! 仲間が増え、どんどんと肌環境が良くなってきます。

お風呂の温度も40度前後、冷たい水と違ってはちみつ中の酵素君の活性化にぴったりの温度帯で、すぐに活動を開始します。

以上の理由からお風呂でのはちみつパックをお勧めしているのです。

過酸化水素が心配?

大丈夫です。過酸化水素は人間の身体の中でも作られていますし、顔にはちみつが乗ってる5分程度では、我々人間からすると、水分を加える前のはちみつと同じです。

ですが、細菌の世界では一大事なのです。

安心してお使いください。

なお、パックは生はちみつをお勧めします。

酵素も生きていますからね。

 

*お願い  水分が加わり糖度が下がってくると過酸化水素が発生するの件、パクらないください。誰も書いた人がいませんので私が最初です。ここにリンク貼って引用にお使いください

 

世界中でマヌカハニーが売れているようです。

その影響もあってかNZでは、ミツバチの毒殺、巣箱の盗難や破壊が多発しているようです。

2010年にNZ$37.5/kg、日本円にして2888円/kgだったマヌカハニーが、今は7700円/kg

マヌカの木の近くにおいて、マヌカハニーが少し混じってるだけでも、クローバー蜜の3倍の価格

かつて蜂場の周辺5kmに他の蜂場がない地区が、今は50以上の蜂場がある模様。

年間200件の警察沙汰があり大混乱

日本もそうですが、蜂を置く場所(蜂場)は根の深い問題です。

感情的になるんですよね、やっぱりww

さて、何気なく書きましたがマヌカハニーって、現地価格は1kg、7700円なんですね

しかも値上がりしての7700円、100gで770円 以前は100g 300円程度ですか、、、

業者は儲かるな〜 裏山しい〜ww

それと100%ピュアハニーとか、100%RAW(生)はあるけど、100%マヌカ(100%は無理としても相当程度)というのは見かけませんね。やはり日本のはちみつと違って混じり加減許容の幅が広くてちょっとでも入っていればマヌカハニーww