乾燥肌と言うのはある一面、お手入れが過剰と言う事がいえます。

御手入れすればするほど綺麗になる・・そう思いたいのですが何事にも限度というものがあります。

極端な例がお茶の石鹸のアレルギー問題ですよね。

10人いれば各自、肌の状態が違いますので、それに合わせた肌ケアをしないといけません。

さて、乾燥肌になる原因は?ですが、私の個人的な考えとしては乳化剤(合成界面活性剤)の影響が大きいのでは?と思っています。

代表的なものはクレンジング剤です。特に落ちにくい化粧を落とす場合は乳化剤に触れる時間も長くなります。

乳化剤は肌の角質を変質させてしまい、その角質がめくれるように変形し、やがて剥がれて乾燥肌になる。

拭き取る商品もあるようですが擦るとより肌に悪影響を与える可能性がありますので注意したいですね。

それに女性の方々は家事や育児等もありますから簡単に済ませたい、もよくわかります。

拭き取るって楽でいいみたいですね。

一時期ピーリングというのが流行りました。つかった事ありますでしょうか?

お客様でピーリングの話が出た時に「乾燥肌ですか?」と聞くとほぼ全員乾燥肌。

商売の邪魔をするつもりもありませんが美容家等の専門家を名乗りながら、ピーリングを薦めるなんて・・・「素肌が大事と言いながらピーリング?」ハイハイ (´。` ) =3

ピンポイントで「くすみ」だけピーリングできるのでしょうか?

正常な肌がピーリングで悪影響受けませんか?

顔全体がくすんでいる場合は良いのかもしれませんが、一般的に一部に「くすみ」があるような感じでしょうから、全体的にピーリングしてしまうと折角の正常な肌も痛めてしまいます。

また、くすみといえ、急激に角質を剥がしてしまうと未熟な角質が正面に現れてしまいます。

未熟な角質は変形していますので、通常に比べて剥がれ落ちるのが早いので、正常なターンオーバーが整わず悪循環になります。つまり乾燥肌や敏感肌になります。

おでこは20日目の肌、右頬は15日目、口元近くは10日目、目尻は剥がしたばかり・・・肌サイクルがめちゃくちゃに。

私は心配して「ピーリングだけはやめた方がいいよ」というのですが・・・あんまり良い顔をされません。

専門家でもないのに・・・とおもってるんでしょうね。(心配も人によっては余計なお節介)

逸れましたが、上記のような危険性を考えると安易にピーリングを薦めたり、ブログ等に記載する美容家は信用できないと考えています。

期間をかけながら、「ゆっくり優しく取り除きましょう」という美容家こそ、耳を傾けるべきです。

ピーリングは注意してくださいね

たまの休日は化粧をしないで肌を休める、回復を促す日を作りましょう(日光は気をつけること)。

肌を休めると「軽いわ〜」と実感、心地よいでしょう。

 

 

はちみつパックの一番の効能は「乾燥肌改善」

ご存知の方もいると思いますが乾燥肌はお肌の万病の元。

シワ、たるみ、シミ、老け顔・・・ほとんどはお肌の乾燥から始まります。

乾燥肌の注意信号として、かゆみがあります。

かゆみ程度以上に悪化しないように対策しましょう。

以前、生はちみつを塗ったら、不思議と「かゆみも治まった」とお客様の声もありました。

アトピーだと言っておられて・・・へぇ〜と私も不思議に思い、湿疹ができた時に塗ってみたのです。

不思議とかゆみが治まりました。

かゆみを我慢するのは大変です。ついついポリポリと掻きたくなりますし、掻くと余計にかゆみが増します。

皮膚に強い刺激を与えると表皮がボロボロと剥がれて、肌の抵抗力が下がりますので、どんどんと肌の状態が悪くなります。

黄色ブドウ球菌が増え、炎症を助長し始めます。肌もアルカリ性になってきますので悪玉も増えてきます。

この辺迄くると悪循環の入り口で、乾燥肌とは別な話になってきますので、次回に。

昔は若い方が乾燥肌なんて聞いた事もありませんでしたが、今は若い方も多いようですね。

驚いたことに男の乾燥肌も増加中

乾燥するからと化粧品会社の情報を鵜呑みにしていると大変な事になりますが一般的に日本の女性は「肌」をいじり過ぎだと感じます。

気持ちはよくわかるのですが「過ぎたるは及ばざるが如し」で程度というものがあります。

是非生はちみつを活用して頂きたい。

生はちみつを直接、肌に塗り、少しおいて(5分程度)洗い流す。

たったこれだけですが、肌表面を落ち着かせて、肌のターンオーバーを正常化してくれます。

ターンオーバーが改善すれば乾燥肌とおさらばです。

その後の肌の手入れが楽しくなりますね

 

 

イベント等でお客様との話の中で「はちみつパックがいいですよ」とオススメするのですが、知らない人も結構いらしゃいますね。

はちみつの使い方をネットを検索すれば、それなりの数が出てきます。

前は色々と説明したりしましたが、最近は「検索してください」で済みますので助かっています。

ただ、肌質を聞いて注意が必要な方には「この点を気をつけてくださいね」と御伝えしています。

ネットではアフェリエイト達が簡単すぎる位に記載していますが、少し注意が必要なのです。

売れれば、またはクイックさせることが目的のため、それでもいいのでしょうね。

さて、通常は簡単に顔に塗って洗い流せば良いだけなのですが、ちょっとそれだけだと・・・と言う方もいます。

はちみつパックは効果があるのですが、あまりにも簡単過ぎてツマラナイようです。

はちみつに合う人はその日から実感できるようで手放せなくなる人もいます。また1年後に気がついて買いにくる人もいましたから。

去年と違い肌が乾燥するなーと、なぜ?と考えてみたら「はちみつ」だと気がついて再訪された方でした。

基本的に化粧品じゃないので、じっくりと効果がでてくると考えて頂いた方がいいです。

一般的な化粧品のように、使用後直ぐに、「うわ〜しっとり〜」を求める方にはお薦めしません。

美白と言えばあっち、こっちとフラフラしていたのでは、良さを実感できないからです。

じっくりと綺麗になりたいというか、肌の調子をあげながら綺麗になりたいと考えているお客さんに勧めています。

 

 

当社、非加熱はちみつの保存方法についてご説明したいとおもいます。

当地青森では常温でも問題ないレベルだと思っていますが、宮城より南では真夏の間は冷蔵庫にて保存をおすすめします。

その際の気温35度が目安と考えています。

冷房を停止している時間が長い場合は室内温度が40度を超える事が予想されます。

温度が上がると非加熱蜂蜜は風味が無くなってきますので気をつけたいところです。

元々、巣の中にある時の蜂蜜は38度位の温度帯で保存されていますので、上限はそれを目安にしています。

細かな理由は他にもあるのですが、夏の間だけでも冷蔵庫に入れられた方が風味も保たれ美味しく食べる事ができます。

 

 

ミツバチの世界にもOKAMAがいるって知りませんよね。
実はこのOKAMA、困ったOKAMAなのです。
ミツバチの中でOKAMAになるのは「女王」のみ。
群れの構成は働き蜂>全員女の子、交尾のみおこなう雄、そして女王となります。
蜜蜂達は女王が突然死した場合に、働き蜂の幼虫にロイヤルゼリーを与えて、新女王を作るのですが、どうした訳なのか雄の幼虫にも与えたりします。
普通は蜜蜂が途中で気がつき雄女王ハウスを始末してしまうのですが、スルーしちゃう時もあるのです。
これがまた、大き目の女王になるので、見た目もよく「お、良い女王だね」と思ってしまうのです。
人間的に言うと、とっても「セクシー」な、OKAMA女王。
しかし、OKAMA女王が生んだ卵は雄蜂になるだけなので、働き蜂が減り蜜を集める事はしませんので迷惑な存在です。
人間の世界ではOKAMAも認められますが、ミツバチの世界では認められません。
放っとくと働き蜂達に始末されるようです。
その前に私が始末しますので、最終迄は確認した事がありません