糖質を抑えた商品を多く見かけるようになりましたね。

一時的な流行でなく、大きな流れですね。

実は私もはちみつ屋ですが「糖質制限」しています。

身内の一人が身体の調子(リュウマチ)が悪くなって、「糖質制限してみたら?」と勧めたことがキッカケ。

その隣で遠慮なしに食べるのも酷な話だと思って「じゃ、一緒に始めようか?」という事で始めました。

2〜3箇所の病院を回った結果、リュウマチじゃなく別の病気でしたが、そのまま継続して、「糖質制限ダイエット」になっています。
半年で8kgも体重が落ちました。

この糖質制限ダイエットをやってみて、気がついた点がありました。

その1 日本人は糖質を取り過ぎている

主食が「お米」ですから、必然的に炭水化物を多く取ります。

そこに「スイーツブーム」を初めとした炭水化物祭りが輪をかけます。

それと食品の裏の成分表をみればわかりますが、異性化糖を初めとする炭水化物が数十年前からあらゆる食品に加えられています。

テレビなどで「甘い〜」「柔らかい〜」を連呼する番組が多く作られ、拍車がかかった感じです。

「甘い」「柔らかい」の刷り込みが行われ、消費者の嗜好が変わると作り手側がそれに合わせないわけにはいきません。自分で作る以外は糖質だらけと思って間違いありません。

糖を沢山とっても、それを消費できる運動量があれば、何ら問題はありませんが1950年代と比べて多くの産業の機械化が進み、肉体を使った労働が減りました。

アニメの「巨人の星」見れば、星一徹がツルハシを持って土方作業している場面がありますが、今の土建はツルハシを1日中使用する現場はありません。

全て重機で行い、人間が均すくらいです。

機械化が進み労働環境が変わりましたから仕方がない面もありますね

その2 食の質が悪い

エネルギー補充が炭水化物に偏っている為に食の質が低下しているのではないか?と考えています。

共稼の家庭も多いので必然的に冷凍食品や惣菜が多くなるのはやむを得ない。

外で精一杯働いてきた後に夕食を作るのは本当に大変です。

上記とかぶる点でもあるのですが、加工食品にはどうしても炭水化物が入りますしビタミン・ミネラルが不足しがちです。ビタミン・ミネラルが不足すると代謝がうまく行かなくなります。

私たちが一般的にいう「バランスの良い食事」の満遍なく食べるは、実はバランスよくない、質の悪い食事だとおもいます。

要は今、栄養学的に勧められている食事は、疑問符が着くという事です。

これは私個人も実際にやってみないと気が着く事がなかった点だとおもいます。

本当に見過ごされています。

糖質制限ダイエットのやり方

糖質制限ダイエットは危険だという専門家もいますが、決してそうではありません。

炭水化物を減らし必然的にタンパク質(特に)と脂質を多く摂取するしなければならない。(通常は総摂取カロリーはそのまま同じ、総摂取カロリーを減らす場合は決して1日の最低限必要な総摂取カロリーを下回るような減らし方はしない事)

これを頭に入れておかないと単に今までの食事からご飯を抜くだけになってしまい、結果的に総摂取カロリーが減る為、劇的な減量ができますが継続できませんし身体にもよくありません。

つまりスーパー糖質制限は「ガン」など、重篤な病気以外はやってはいけませんw

病気もない健康体ならゆるい糖質制限で十分ですし、強めの糖質制限を実行する場合は時間をかけてやれば健康体で長く維持できるようになるでしょう。

さて、私のやり方ですが参考になれば幸いです。

1日当たりの炭水化物量を80g程度にしました。

と、言っても細かく測りません。大体でいいんです。

朝はパンですが糖分が多く、一枚当たり30gあります。

その為、朝はパンを一枚の半分にしました。

(夕食にお米を食べる為、朝に糖質を多く取りすぎると、1日80gを守るのはきついです)

その上にチーズをてんこ盛りして、くるみもてんこ盛り。

その上から生はちみつを小スプーン1と1/2をかけます。

くるみにも糖質(7%)はありますが気にしません。

一々計るのは面倒臭いので計算に入れません。

25〜30gの範囲で納めます(目標)

昼は抜きます。

最初は昼も食べていたのですが、昼を取ると、お米好きの私には80gは厳しく100gを超えます。

今までも5〜8月は昼をとる暇もなく忙しく、昼食を抜く事が多いので食べない事にしました。(肉体労働ですが忙しすぎて腹が減った事も忘れるほどなので)

そして夕食ですが、炭水化物は玄米をごはん茶碗一杯です

おかずは肉が多くなりましたし、それなりに食べます。

タンパク質と脂質の量は多く取る分には気にしません。

こんな感じです。概ね80g程度に収まってるはずです。

小腹が空いた時やお昼にどうしても食べたくなった時はくるみやチーズを口にします。

タンパク質は減らしてはいけません。

一般的に日本人はタンパク質不足ですから細胞を再生する為にもタンパク質を多めにしましょう。

また、脂質がなければ身体を調整するホルモンを作る事ができませんので、2つはしっかりと摂取してくださいね。

あと、本当に気をつけて頂きたいのはビタミン、ミネラルです。

不足すると代謝に悪影響を及ぼすのでナッツや野菜を食べましょう。

炭水化物は少なく、タンパク質は多めに、後はぼちぼちと、、の感じです。

あまり神経質にするのもストレスですから軽く、要点を抑えてやりましょう。

身体に問題(脂質異常)がなければ必ず、必ず痩せます。

最初は身体が糖を欲しますが1週間もすると気にならなくなります。

また、糖質制限ダイエットを始めると、食材の質にこだわるようになりますね。

脂質をとるならサラダ油でなくオリーブオイル等に、パン、ヨーグルトに使うなら砂糖で作られたジャムではなく、生はちみつ wwにしましょう。

微量ですが相当量の活性ビタミン・ミネラルが入っていますからおすすめです。

甘さも優しく満足感もあります。

料理に甘みを使う場合も蜂蜜の方が満足感が高く、楽しく食事を取る事ができますよ。

”質”の良い食事で精神的な満足感を得られないと”量”の食事になってしまい、結果的に炭水化物の大量摂取になってしまいます。

日によっては炭水化物が100g以上になることもありますし、遠出すれば現地の美味しい物を食べないのはつまらないです。

その場合は気にせずに食べて楽しみましょう。ストレスの方がよっぽどよくありません。

日頃、炭水化物を減らした生活していますから、1日多く食べても体重は増えませんし、翌日から再開すれば増えたとしても直ぐに戻ります。

あと、私個人だけかもしれませんが、糖質制限開始から二ヶ月程はアルコールを飲みませんでした。どうやら糖質制限していると悪酔いしてしまい、気持ちが悪くなるんです。二ヶ月後はいくら飲んでも大丈夫になりました。

今年も桃の季節がやってきました。

以前にも書いたことがありましたが、ヨーグルトにはちみつを入れて、そこに桃を入れて食べてくださいね。

お薦めは桃をスプーンで小さく刻むと(果汁を出すような感じ)桃の果汁がヨーグルトに溶け込んで何とも言えないほど美味しさになります。

粉砂糖でも美味しいと思いますが、はちみつの方が桃の美味しさを引き立てていいと思います。

絶対にお薦めです。

 

年々、コンビニ、加工食品、冷食等は味付けが濃くなっていますので、舌が鈍感になります。

結果的に濃くて鋭い味、そして単純な味に反応しやすくなり、天然素材の複雑な味(旨味等)が判らなくなります。

ですから、そういう人向けに「美味しいものを作れ」と言われれば、「美味い!」と言わせることは直ぐにでもできるんですね。

要素はわかりやすく3つです。「旨味」「甘味」「脂味」の3Mです。

知識として覚えておくと料理をするときに役立つはずです。

焼肉は好きな方多いですよね。焼肉を例に例えるなら、旨味、脂味は肉本体からでます。

甘味が不足していますのでタレを甘くすれば、美味い、美味いと単純にいいますね。

タレの糖度は40%位です。

基本は上記ですが、しかしタレ屋さんも肉の部位で美味しい、美味しくないとならないように、タレに別の旨味(グルタミン酸)、甘味(異性化糖)、脂味(植物油)を入れ、飽きずに消費出来るように、少し辛味、酸味等を加えるw

肉の旨味のイノシン酸?とタレのグルタミン酸が加われば、強烈に美味しく感じます。

いやいや、お肉の値段で美味しさが変わると困るので、最初からイノシン酸も入れちゃえです。

肉は食べすぎると身体に良くないと言われますが、実はタレが原因だったりして(笑)

料理によって3Mのバランスを変えるだけです。世界中の「美味しい」が3Mで説明がつきます。

是非、スーパーに行ったら食材の裏をご覧ください。3Mが入っているはずです

人間の舌、味覚は日頃の食生活に影響を受けやすく、ジャンクフードを好んで食べるようになると、ジャンクが美味しく感じるようになります。

そうなると天然の美味しさ(複雑系)がわからなくなり、単調な味しかわからなくなり、ドンドンと刺激の強い味を求めるようになります。

実はここに重要な問題が隠れているのではないかと思っていますが、、、。

生はちみつは優しい甘みなので舌の味蕾が戻ってきます。

甘さに敏感になり、素材の良さや味がわかるようになりますよ

食べることから始める「いたわり」を始めてみませんか

自然の素材で簡単に作れるハンドクリームのキットを販売します。

先ずは手荒れ用のハンドクリーム

オイルと蜜蝋(適量)がセットになっています。

そのまま「みつろう」を入れて湯煎してください。

10分程で出来上がります。お好みで精油を入れて下さい

オイルは低温で搾られた「化粧品グレード」

蜜蝋は初夏に採取したもので、薬剤に触れていません

 

最初の頃は私もはちみつの美容効果については半信半疑で「嘘だ〜」と思っていたのです。

それでも、身内の者が「蜂蜜を肌に塗るといいよ、お客さんに薦めたら?」というので

2009年頃から、はちみつパックはいいよとお客さんに薦めてきました。

その中にアトピーのお客さんが数名いて「はちみつを塗ったら良くなって来た」という話をしてくれました。

一人だけなら「??」で済むのですが、何人かに言われると、流石に私も確信を持つようになりました。

アトピーは色々あり、一概に言えないけれど、身体の内と外の2つに分ければいいのでは?と考えたのです。

つまり身体の内側、どんな食べ物を食べて、どのような経緯をたどってアレルギーになるかはわからないけど、外側の部分は「かゆみ」等の刺激で掻いて悪循環になっているのだから「かゆみ」等の刺激を抑えることが出来れば治るのでは? と思ったのです。

それは蜂蜜を塗ると「かゆみがとまる」という声を聞いたからです。

それと掻いて、皮膚が酷い状態(悪玉菌の黄色ぶどう球菌等が沢山)になり、ジュクジュクしていても、蜂蜜の場合は体液で糖度が下がり、酵素が働きだして、過酸化水素が発生して、炎症部分を消毒してくれるし、そこまで行っていなくてもかき傷に蜂蜜が密着して傷を癒してくれるし保湿の役目の果すと思ったのです。

少なくても細菌症は防げる

また、多少のピリピリ感があれば、それでかゆみが治まると踏んだのです。

だってやけどが治る位だから、多少の傷は問題なしと考えました。

実験してみたいと思ったが、身内にアトピーもいないし、あまり突っ込んでやると医療行為に近くなるし、震災も来たりしてそのまま・・・。

震災の前後だったと思いますが、2ちゃんにも書き込みしたんですよね。「蜂蜜塗れば治るのに・・・ちゃんとしたやつね」と、薄場皮膚科のスレタイだったと思うけど。

蜂蜜だけで「かゆみ」が治まらない、我慢できない場合は、クエン酸を少し加えてピリピリ感をだすとか、ステロイド剤と混ぜて塗るとかすれば、薬剤は少なく済む。

はちみつは保湿の役目と皮膚再生の役目が安全にできること、色々組み合わせが出来る事がメリットです。

今、ネットで検索するとアトピーが蜂蜜で治ったというのも出て来ますから、あながち間違っていなかったと思っている所です。

困っている人は藁をもすがりたい気持ちでしょうから、何かの参考になれば幸いです。

はちみつは「生」が良いと思います。今は沢山ありますから、ここは!と思うところで購入してくださいね。

マヌカハニーじゃなくてもいいですよ。 偽物も多いし他の生はちみつでも十分です。

追加

肌がジュクジュクまでいっていない場合は、少し水を加えて糖度を下げてくださいね。

そうすれば過酸化水素が出て来ます。目安は蜂蜜100gに対して水10〜20g位で。

状態に合わせて調整してね。50g以上は薄めすぎです。

 

乾燥肌の注意信号として「かゆみ」があります。

肌がカサカサしてくる手前です。

かゆみを我慢するのは大変です。ついついポリポリと掻きたくなりますし、掻くと余計にかゆみが増します。

強い刺激に至ると表皮がボロボロと剥がれて、当然肌の抵抗力が下がりますので、どんどんと肌の状態が悪くなります。

黄色ブドウ球菌をはじめとした悪玉菌が増え、炎症を助長し始めます。肌もアルカリ性になってきますのでますます悪玉菌が増えやすい環境になります。

吹き出物やニキビがではじめると肌トラブルの連鎖が続く可能性がありますので、早めに対策をとりましょう。

そんな時にもはちみつパックが活躍します。

はちみつが悪玉菌を退治して善玉菌を増やしてくれます。

是非はちみつパックは入浴中に行ってくださいね。

はちみつがタレても大丈夫という理由もありますが、実は別な理由もあります。

一般的にはちみつには殺菌作用があると言われますが、通常の状態のはちみつに菌が混入しても殺菌されるわけではありません。

どっちかというと封じ込められているという表現が正しい。

ところが水分が入り、糖度が下がると殺菌作用が出てきます。

はちみつの中にいる酵素が活動し始め、糖を分解して過酸化水素がでてきます。

これがニキビ菌をはじめとする悪玉菌を殺菌、退治して、肌を酸性に戻してくれます。

善玉菌は大喜び! 仲間が増え、どんどんと肌環境が良くなってきます。

お風呂の温度も40度前後、冷たい水と違ってはちみつ中の酵素君の活性化にぴったりの温度帯で、すぐに活動を開始します。

以上の理由からお風呂でのはちみつパックをお勧めしているのです。

過酸化水素が心配?

大丈夫です。過酸化水素は人間の身体の中でも作られていますし、顔にはちみつが乗ってる5分程度では、我々人間からすると、水分を加える前のはちみつと同じです。

ですが、細菌の世界では一大事なのです。

安心してお使いください。

なお、パックは生はちみつをお勧めします。

酵素も生きていますからね。

 

*お願い  水分が加わり糖度が下がってくると過酸化水素が発生するの件、パクらないください。誰も書いた人がいませんので私が最初です。ここにリンク貼って引用にお使いください

 

世界中でマヌカハニーが売れているようです。

その影響もあってかNZでは、ミツバチの毒殺、巣箱の盗難や破壊が多発しているようです。

2010年にNZ$37.5/kg、日本円にして2888円/kgだったマヌカハニーが、今は7700円/kg

マヌカの木の近くにおいて、マヌカハニーが少し混じってるだけでも、クローバー蜜の3倍の価格

かつて蜂場の周辺5kmに他の蜂場がない地区が、今は50以上の蜂場がある模様。

年間200件の警察沙汰があり大混乱

日本もそうですが、蜂を置く場所(蜂場)は根の深い問題です。

感情的になるんですよね、やっぱりww

さて、何気なく書きましたがマヌカハニーって、現地価格は1kg、7700円なんですね

しかも値上がりしての7700円、100gで770円 以前は100g 300円程度ですか、、、

業者は儲かるな〜 裏山しい〜ww

それと100%ピュアハニーとか、100%RAW(生)はあるけど、100%マヌカ(100%は無理としても相当程度)というのは見かけませんね。やはり日本のはちみつと違って混じり加減許容の幅が広くてちょっとでも入っていればマヌカハニーww

いつもご利用ありがとうございます。

ご注文後、直ぐに御控えのメールが届きます。

届かない場合はメール設定等の理由で拒否されています。

お客様に御控えのメールが届く、居ないはこちらでは確認できません。

「届いていないよ」という場合はお手数ですが、HPの右上「お問い合わせ」から

「お名前」「電話番号」と「届いていない」だけでも結構ですのでご連絡頂けますでしょうか

改めまして、こちらからご連絡をさせて頂きます。

 

たまに電話番号がなく、メールでのご連絡がつかない場合が御座います。

その場合、ご連絡を差し上げる手段が全くありません。

宜しくお願い申し上げます。

 

カード払いの場合はカート時のお支払いの選択時点でPayPalを選んで、そのまま決済ページにお進みください。

 

 

イギリスの全国食品犯罪局がニュージーランド産マヌカハニーの製品の検査をしたところ、有効性や蜜源において表示通りの品質ではない、と摘発しました。

全体の3分の1の商品が偽物だったようです。

以前から生産量より販売量が多い事は知られていましたが、やはりということでしょうか。

マヌカはちみつに他の蜂蜜や糖を混ぜた上に、殺菌成分であるメチルグリオキサールを添加する・・・儲かるという事であればなんでもする人間は何処にでもいるんですね。

心を持たぬ生産者・・・悲しいことです。

本物のはちみつに異性化糖、水飴、花粉を入れて偽装する手口は一般的な方法です。

マヌカハニーは儲かる蜂蜜なので偽装が後を立ちません

2/29、ニュージーランド第一次産業省がマヌカハチミツのリコールを発表しましました。

リコール理由は,マヌカの抗菌性の本体物質であるメチルグリオキサール(MGO)とその前駆物質のデヒドロキシアセトン(DHA)が天然由来ではないということのようです。

つまり、意図的に入れてかき混ぜた?

対象はEverGreen社。

以前にマヌカハニーの生産数より販売数が多いとお伝えしたことがありましたが、結局はこういう事だったんですね。

ある時を境にどんどんと抗菌作用を示すUMF、MGOの指数が高くなってきましたからね。

生産側もですが、販売側も消費者を煽って買わせる・・・残念ですね。

逆に言えば、はちみつに抗生物質を入れてるようなものですから、喉の痛み程度には良く効いたかもww

食べ物に抗菌性のある成分をいれて「喉の痛みにいい、卵焼き」とか、「ハンバーガー」ができますよね

今のところ一社だけのようですが、その他のマヌカハニーもあるのか、気になるところです。